不登校は小学校から始まった!その時の親の対応は?どうすればいい?

担任の先生が原因で不登校になりました。
小学校高学年の子供が学校に行きたくないと言い出しました。
数ヶ月前から口にはしていましたが、
先週から本気で行きたくないと言いだし困っています。

そんなの悩みを持っているあなたへ

一緒に問題を解決していきましょう。

スポンサーリンク

担任の先生が原因で不登校になる。よくある話です。

いじめは生徒間だけであるのかと言うと
キッカケを作ったのは担任の先生。
我が家の場合もそうでした。

長男は2年生の3学期で不登校になりました。
キッカケは
担任の先生の一言

【○○はうるさいから、もう誰も話をするな!】
でした。

確かに
長男はお喋りで

授業中も
発言が多かったのでしょう。

でも、
先生の一言から
友だちが誰も寄ってこなくなりました。

誰一人
息子と話さなくなったのです。

そして
友だちからのいじめも始まり
授業中
背中から参画定規で刺されたり
ブタれたりして
定規が壊れると

【○○君が壊した!】と
先生に言いつけに行くのです。

ついに息子の不登校が始まりました!

朝、学校に行こうとすると玄関先で嘔吐するようになりました。

私も事の詳細が分からないまま
【これは学校を休ませた方がいい】

と直感で思いました。

学校を休んで
息子と二人きりになると

ぽつぽつと
息子がいじめられていたこと
三角定規のこと
担任の先生のことを話し出したのです。

子どもは
本当に安心して、ほっとしないと
本心は言いません。

親を信用していないのではなくて
親に心配かけたくないから話せないのです。

なぜ学校に行かなければならないのですか?

子どもの心の問題を解決しないで
学校に行くことだけを考えてはいけないです。

子どもにきちんと
心を休ませて

学校に行ける力を付けてから
学校に行くようにしてください。

あるいは

学校なんか行かなくても生きていける!

親が覚悟をしてください。

いいチャンスと思い

なぜ学校に行かなくてはならないのか?
最初に学校ありきではなく
本気で考えてください。

本を読んだりして勉強することや
好きなことを伸ばして将来の仕事を考えること
感動できる映画やDVD鑑賞で
生き方や情操教育などを通して
たとえ周りにいる人が少なくても、
人は成長できます。
考え方や生き方を学ぶこともできます。
そして自分は
「〇〇ができるかも」とか
「△△が得意かも」とか
思えるようになればそれは自信につながります。
何か達成したらどんな些細なことでもめいっぱい褒めてあげましょう。

人と接するのが怖いから将来が不安で仕方がない、
というときは、
通信制の高校や自宅学習も視野にいれましょう。

春休みに娘さんを旅行に連れて行っては?

海外など。
私ももいじめられていたからかわかりますが、
小学、中学校などって、広い世界の小さな日本の、
そのまた小さな組織のほんの一部なんです。

子供の頃って、自分が置かれた組織が全てだと思うんですけど、
大人が、もっといろいろな社会、
組織があらっていうことを知らせてあげればいいんです。

言葉だけでは分からなければ海外など連れて行って、
身体で分からせてはどうですか?

ご家族も本人も辛いと思います。
自分の居場所を探す方法はいくらでもあります。

Yahoo 知恵袋

子供だけの力では解決できないことがあります。
どうすることもできないことが現実あるものです。
子どもにとって
毎日地獄のような学校に行かせることだけが
得策とは限りません。
我が子の孤独な心をしっかり受け止め、支えてあげられるのは
お母さんであるあなたしかいないのです。

あなたの子育てが間違っていたから
娘さんが不登校になったわけではないのです!
不登校は子どもの声なきSOSです。
娘さんもあなたもこれからの生き方を立ち止まって
考える必要があるのです。

フリースクールという方法もあります。

あなたの住んでいる杉並区高円寺には
【ポケットフリースクール】というところがあります。

そこは、小学生・中学生・高校生が通えるフリースクールで、
いろんな年の方がいますし、とても楽しかったです。
毎週金曜は、近くの体育館で卓球やバドミントンをやったり、
畑仕事をやらせて頂いたり、
いろいろな場所(博物館や公園など)に行ったりもします。

休み時間は、DSなどで遊んだりしてもOKですし、
自由で自分のペースで動けるのでとてもいいところです。
フリースクールがはじまる時間も10時半からと遅いですし、
家が遠い方でも通えますし、
オススメです(*^^*)

私はそのフリースクールに1年通いましたが、無事学校復帰致しました

Yahoo 知恵袋

子どもとの触れ合いを大切に、会話もたくさんしましょう!

私は息子が不登校になった時
彼の好きな本をたくさん読ませて
一緒に映画を見たり、
一緒にDVDを見ておしゃべりしたり
リラックスして日々を過ごせたので
その後、元気になって学校に行きだしました。

極端な事を言うなら
小学校は義務教育なので不登校だって卒業できます。

子どもにとって学ぶ場所は
学校だけではないのです。

もっと大きな視野で

子どもにどんな生き方をしてほしいか?
自分は人間としてどんな生き方をしたいのか?

しっかり考える良いチャンスを
神様が与えてくれたと考えましょう。

学校は行きたくなったらいつでも行けます。
行きたくない時には行かなくていいと考えるのは
甘えでも何でもないと私は経験者として思うのです。

子どもの内なる力を信じてあげましょう。

この記事があなたのお役に立ちますように。

スポンサーリンク

不登校

Posted by kazukazu