手ピカジェルと手ピカジェルプラスの違いは何?

生活

手指消毒薬の手ピカジェルが
なかなか
店舗に戻らず
未だに
品薄状態です。

マスク市場が潤ってきているのに
手ピカジェルは
見当たらないし。

手ピカジェルには
ピンクと
黄色の2種類あるし。

何か
違いってあるの?

そんなことも気になります。

そんなあなたのために
手ピカジェルの在庫&ピンクと黄色の違い
についてフォーカスしてみました。

スポンサーリンク

手ピカジェル(ピンク)と手ピカジェルプラス(黄色)の違いは?

手ピカジェルには
ピンクと
黄色があります。

2つに違いはあるんでしょうか?

手ピカジェル(ピンク)

販売サイト

ピンクと黄色の違いは殺菌効果!
ピンクの手ピカジェルよりも黄色の手ピカジェルプラスの方が
殺菌効果が高いのです!!

値段も
ピンクの手ピカジェルの方がやや割安になります。

手ピカジェル(ピンク)の濃度は?

エタノール(C2H6O)76.9~81.4vol%

手ピカジェルプラス (黄色)

販売サイト

使い心地も若干違います。2つの違いは以下の通りです。

①サラッとした使い心地. 乾燥後はしっとり、サラサラ感の使い心地
②手ピカジェル(ピンク)はヒアルロン酸やグリセリンなどの保湿成分配合
ノロウイルスのような、一般的にはアルコールへの抵抗力が高いと言われるウイルスに効きやすく調整されているのが手ピカジェルプラス(黄色)です。
手ピカジェルプラスは)pHを弱酸性にしてエタノールの殺菌効果をアップ
⑤「手ピカジェル」は中性で手ピカジェルプラスはpHの値が酸性

手ピカジェルプラス アルコール濃度は?

エタノール(C2H6O)76.9~81.4vol%

手ピカジェルプラス 定価いくら?

定価も若干違います。

手ピカジェル(ピンク):(定価)550円
手ピカジェルプラス(黄色)(定価)660円

手ピカジェルプラスはコロナウイルスに効果ある?

新型コロナウィルスは
アルコール濃度70%以上95%以下のエタノール
効果的とされていますが
手ピカジェルは
エタノールが76-81%ですから効果があると言えます。

手ピカジェルも
手ピカジェルプラスも
アルコール濃度は同じなので
効果は同様です。

タイトルとURLをコピーしました